写真と照明

先日、店をポータルサイト的なのに載せてくれるとの事で店内の写真を撮ってもらいました。
ただ撮っても映える写真が撮れないので
「ちょっと動いてみてくれる?」とか
「色味がいい感じの酒を出してくれる」とか
指示を頂きながら。

その中で面白かったのが、照明。
普段照明の事なんて気にしなかったんですが、
「ここの影を飛ばすためにもうちょっとこういう角度から光をあててくれ」とか「美味しそうに見えないからもう一個ライトを追加しよう」とか
裏側にガッツリ参加させてもらいました。

写真を撮りに来た方とは別で映像系の仕事をしている人がいたので、
「僕わかんないからお願いしますー」
とライトの当て方なり角度なりを調整してやってもらったんですが、画角だけでなく明るさをコントロールするだけでかなりいい写真が撮れていたようです。

僕も昔写真を撮って遊んでいたのですが、照明の事は全く「自然光の方がいい」と思っていたのですが一人でやるより数人でる事だったり、一つの機材より複数の基材でやった方が凝ったものができたりするんだなぁと思いました。

トップに置いてある写真は、「コスモポリタン風グレナデンソーダ」です。
数人でライトを当てながら見た時は月っぽくて面白かったんですが、流石に遊びで撮ってる時に
「ちょっと照明あててくれませんかね?」と依頼する事はできず、ただ真上からライトを当ててiPhoneで撮っただけの写真です。

記事が世に出る際には共有いただけるとの事だったのでその時はまたシェアさせてもらえればと思います。

About satoshi 85 Articles
ひっそりバーをやっています。ワードプレス始めてみました。